年齢不問で募集している保育士の求人情報

保育士不足なこともあって新卒や20代などの若い保育士よりも、仕事を休むことの少ない40代以降の保育士求人は増えてきています。年齢不問で募集されている保育士の求人情報はこちらから確認できます。全国の求人が見られます。⇒ 保育士求人(年齢不問)

 

今の保育園での待遇が悪い、人間関係が辛い、結婚や子育ちのために一時的にやめていたけど復職したいなど、いろいろな理由で求人情報を探してもなかなか見つからないこともあります。いい求人情報は表に出る前に募集が閉め切られてしまうこともあるんです。そういった早期に一番いい求人情報を得たいなら、保育士の求人情報を専門に扱っている求人サイトが役立ちます。

 

保育士転職に有利になる情報サイト

 

 

納得のいく保育園・幼稚園選びできていますか? 転職エージェントがパーフェクトに保育転職をサポートします! 人間関係の良好な園選び、給料の交渉、すべて引き受けます。今ならお祝い金最大 2万円プレゼント!

 

 

 

 

好条件・好待遇の非公開求人多数!東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県を中心とした保育園・保育施設の求人を取り揃えております。年収アップ、残業時間を減らせるような好条件・好待遇の求人をご紹介いたします。

 

 

 

年齢不問の形式で公開される保育士の求人の数は、多くのところで多くなり始めているのではないかと考えられています。保育士として子供たちの成長を見守りたいと考える人たちにとっては、この動向は追い風であると考えられており、雇用の機会を窺う流れが作られているとみられています。

 

様々なところでこの特徴が見受けられるようになってきており、年齢を問わずチャレンジできる動きが鮮明なものとして確認されていると言えるのではないでしょうか。

 

全国的なエリアで公開される年齢不問の求人

 

年齢不問の形式で求人の情報が公開されることに関しては、保育士の仕事を対象とする場合には、全国的なエリアで見受けられている状況です。

 

都市部をメインとして、多くのところで新しく保育士の人材が必要とされるようになり始めていることから、この動きが際立っているとみられています。新しく保育士として仕事をスタートさせる人材だけではなく、これまで同職で仕事の経験がある人にとっても、このような求人に応募できるチャンスが設けられています。

 

そのため、新たな現場に転職しようと考える人材にとっても、年齢不問の求人の情報は有意義な情報のひとつとして取り上げられるようになっていると認識されています。こうした全国的な規模での年齢不問の求人の公開に関しては、地域を問わず更に高い頻度で実現されていくのではないかと考えられています。

 

全国の保育士求人なら >> ほいく広場 公式ページへ

首都圏の保育士求人なら >> マイナビ保育士 公式ページへ

 

多様な採用条件での保育士の雇用

 

年齢不問で公開されている保育士の求人情報は、採用条件が多彩なものとして挙げられています。このような特徴は求人を確認する人々からは高い関心が示されるポイントのひとつとして取り上げられていくのではないでしょうか。主に雇用形態での条件の多様化が進行し、

 

  • 正規雇用、正社員
  • 派遣、短期
  • パート

 

が主立った採用の条件や待遇として掲げられています。このようにして採用の際の雇用条件が複数設定される背景には、仕事とプライベートの両立を意識する保育士が増えたことが関わっているのではないかと推測されています。

 

正規雇用として安定的に働きたい保育士や、プライベートと適度に両立しながら仕事に邁進したい人材も存在するとみられています。このような保育士の多様な働き方の実現に合わせる形式で、雇用条件が多彩に分類される傾向が顕著なものとして挙げられています。この動きはより多くの現場から確認されるのではないかと予測がなされています。

 

これまでのキャリアを尊重した採用の活性化

 

年齢不問で保育士の人材が採用される動きが本格的になる動きが活発になる契機としては、これまでの保育士としてのキャリアを尊重しながら人材の登用を行いたいと希望する現場が高い割合で存在することも関わっているのです。

 

年齢に制限を設けることなく求人を公開することで、キャリアが豊富な人材の確保にも期待がされるからです。若手の保育士が多い職場などでは、キャリアを尊重して新たな保育士を雇用することに伴い、職員の年齢層やキャリアなどのバランスが調整できることもメリットです。

 

このような点は求人を公開するにあたっての大きなメリットとして挙げられているため、強い関心が寄せられています。これからは、年齢不問の形式でリリースされる求人の割合が、保育士については更にアップしていくのではないでしょうか。

 

柔軟性を持たせた保育士人材の採用

 

保育士の人材雇用に際して、年齢制限を撤廃する動きは柔軟性を持って新たな人材を雇用することにも直結していくのではないかと予測されています。保育士が現在の年齢や職務経験に関係なく、職場で活躍できる機会を模索することが可能になる動きをアシストしていると言えるのではないでしょうか。

 

以前よりも幅広い年齢層の保育士の人材が仕事を行うようになっていることも、この採用の在り方が多彩様にことに関わっています。求人の内容に関しては、これまでと同様に柔軟に決定される可能性が非常に高いと考えられているため、年齢に制限を設けることなく求人がリリースされるケースも、これまでよりも増加するのではないかと見込まれています。これから保育士になりたい人や、別の勤務場所を探している人材には、朗報として捉えられていくのではないでしょうか。

 

全国の保育士求人なら >> ほいく広場 公式ページへ

首都圏の保育士求人なら >> マイナビ保育士 公式ページへ

 

マイナビのサービス内容

 

子どもと接するのが楽しくて、保育士という仕事に誇りを持ち、楽しく仕事をこなしている方は多いでしょう。しかし、職場の人間関係の問題を抱えていたり、待遇面に不安を感じている方も、その分多いのではないでしょうか。

 

どんなに充実した仕事であっても、給与が少なければ生活していけませんし、人間関係に問題を抱えてしまえば、それが仕事に影響を与えてくるかもしれません。そこで保育士の資格を活かし、職場を変える、転職する方も多く、マイナビ保育士という転職サービスが注目されています。

 

マイナビ保育士は求人数が多い

 

マイナビ保育士は保育士に特化した転職サイトで、その求人数は大変多く、転職サイトの中でもトップクラスになります。求人数が多いということは、自分の希望通りの職場を探しやすいということです。

 

求人数が少ないと、自宅近くの職場が見つからない、残業が少ない職場が良いけれど見つからない、給与で納得できるところが見つからないなど、転職先に選ぶ余地がありません。しかし、求人数が多いということは、自分の希望に沿った職場が見つけやすく、良い条件で転職しやすいということが考えられます。

 

よって、求人数が多い転職サイトは大変使いやすく、上手に活用すれば、今より良い職場に巡り合うことができるでしょう。さらに、保育士に特化したサイトなら保育士募集の求人案件ばかりなので、より効率よく転職先を見つけることができるのではないでしょうか。

 

全て無料で利用できる

 

マイナビ保育士で提供されるサービスは、全て完全無料です。登録料、転職支援サービス、履歴書をサイト内に残す機能も無料で使えます。転職は1つの保育園にアタックし、それで決まるというものでもありません。

 

いくつもの保育園を候補に挙げ、それぞれにアタックすることになるでしょう。このときに必要となるのが履歴書ですが、いちいち応募する度に履歴書を一から作成しるのは大変面倒です。マイナビ保育士は、この履歴書を残しておくことが出来るので、一から作成する面倒を省くことができ、このサービスも無料で利用することができます。

 

全国の保育士求人なら >> ほいく広場 公式ページへ

首都圏の保育士求人なら >> マイナビ保育士 公式ページへ

 

キャリアアドバイザーと二人三脚で転職できる

 

マイナビ保育士に登録すると、自分でサイトを活用し、自力で転職先を見つける方法と、キャリアアドバイザーと二人三脚で転職する方法を選ぶことができます。

 

キャリアドバイザーを利用すると、孤独になりがちな転職活動に力強い味方が出来たようになるので、安心して前向きに転職活動に取り組むことができます。

 

キャリアアドバイザーと一緒に転職活動をする方法では、まず、カウンセリングを受けることになります。このときに、丁寧に希望などを聞いてくれるので、安心して転職活動することができます。

 

面接・書類対策

 

マイナビ保育士ではキャリアアドバイザーから、面接と書類対策についてアドバイスを受けることができます。現在の転職活動では、職務経歴書と履歴書を送ると書類審査が行われ、その審査に通過すると面接が行われるのが一般的です。

 

提出した書類が審査に通過しないと、面接さえ受けることができないからです。マイナビ保育士では、この書類対策について教えてもらうことができるので、有利に転職することができるでしょう。

 

自分に代わって応募してもらえる

 

マイナビ保育士を利用すると、自分に代わって保育園へエントリーしてもらうことができます。応募書類などを、自分に代わって提出してもらえるのです。そして、このとき、なんと推薦状も合わせて送ってもらえます。

 

この推薦状があれば、希望の職場に有利に転職できるのではないでしょうか。マイナビは「職業紹介優良事業者認定制度」で「職業紹介優良事業者」に認定されています。信頼できる企業からの推薦状は、大変強力な味方といえるのではないでしょうか。

 

条件を調整してもらえる

 

一般的な転職活動において、自分の希望を伝えるのはなかなか難しいのではないでしょうか。求人サイトに掲載されている求人情報を見ると、労働時間、勤務開始日、給与といった条件が記されています。そして、その条件が自分の希望に合っているのかを考えて、応募するかどうかを決定するでしょう。

 

しかしマイナビ保育士では、なかなか言い出しにくい給与や待遇といったところをアドバイザーが調整してくれるのです。これは大変有難いサービスではないでしょうか。

 

転職後もフォローしてもらえる

 

マイナビ保育士を利用して転職すると、転職後のフォローも受けることができます。転職時に担当してもらったアドバイザーには言い出しにくいことでも相談できるサービスなので、大変安心でしょう。転職すると、新しい職場に馴染むまでかなりの時間を必要とします。

 

前の職場とは違う雰囲気に戸惑ったり、新たな仕事のやり方を覚えなければなりませんから、即座にキビキビとは働けないのです。そして、仕事に対して即座に対応できない自分に対し、転職して良かったのかと不安にもなるでしょう。

 

マイナビ保育士には、そんな毎日に寄り添ってくれるアフターフォローがあるので、安心して転職までをサポートしてもらえます。

 

公務員保育士について

 

子供が好きで、保育士を目ざしているという人は多いですよね。その一方で、どうしても気になるのが待遇面です。保育士は、給与や福利厚生などあまり恵まれていると言いがたい職業です。それが理由で、悩んでいる人もいるでしょう。

 

そこで注目したいのが、「公務員保育士」というキーワードです。保育士に公務員というイメージはあまりないかもしれませんが、いったい一般の保育士とはどのような違いがあるのでしょうか。

 

そもそも公務員保育士とは何なのか?

 

小学校や中学校と同じように、保育園にも私立と公立があります。そのうち、公立保育園につとめている保育士のことを、公務員保育士といいます。

 

ここで気をつけたいのが、認可保育園についてです。よく勘違いされがちなのですが、認可保育園は公立ではありません。あくまで各自治体が一定の基準をクリアしたと認め、そのもとに運営されている私立保育園です。

 

ですから、認可保育園につとめているのは一般の保育士ということになります。また、公務員保育士は職場が保育園とはかぎらないことも特徴です。各地域に公設された、公設児童福祉施設や託児所、病院などに勤務することもあります。

 

公務員保育士になるにはどんな条件が必要?

 

公務員保育士に必要な資格は、保育士資格のみです。そのうえで、地方自治体が行う保育士採用試験に合格する必要があります。採用試験の多くは、6〜9月頃に行われています。

 

ただし、毎年行われるとはかぎりません。というのも、公務員保育士はなかなか退職者が出ず、欠員がないかぎり募集が行われないケースも多いからです。また、近年の保育民営化の方針によって、定員自体も減少傾向にあります。

 

一方で人気が高いので、倍率は数倍から10倍以上にもおよぶことも。

 

また、採用試験に合格したといってかならずしも公務員保育士になれるわけではありません。合格者は採用候補者名簿に登録され、そこで採用の申し出を待たなければいけません。

 

登録有効期限は1年なので、それまでに採用されなかった場合、ふたたび試験を受ける必要があります。年齢制限については各自治体によって異なりますが、その多くは30歳未満となっています。

 

公務員保育士採用試験ではどんな内容が問われる?

 

公務員保育士採用試験は、一次試験と二次試験に分けて行われます。一次試験では、5科目を中心とした一般教養と、保育養成学校で学んだ専門知識が、筆記試験で行われます。学校に通っていない人でも、過去問題集などの参考書が出版されているので、それで勉強しておけば問題ありません。

 

二次試験ではピアノや体力測定など、実技に関する審査が中心となります。また、最終審査の面接では、公務員保育士としての心がまえなども問われます。ほかにも小論文が求められるなど、その内容は各自治体によってさまざまです。あらかじどのような内容が出るのか調べて、対策を練っておきましょう。

 

公務員保育士はになると年収はどれくらい?

 

基本的に、初任給は一般の保育士や地方公務員とそれほど変わりません。現在では地方行政の財政難などもあり、けっして高いといえる金額ではありません。ただし、公務員は年功序列制度が基本となっています。そのため、長く続ければ続けるほど年収は上がっていきます。

 

たとえば、東京のある区では平均給与が月額で約33万円。ボーナスにあたる期末・勤勉手当をふくめると、約537万円の平均年収となっています。

 

一方、私立につとめる保育士の平均給与は、月額で約22万円。ボーナスをふくめても、年収は約324万円にしかなりません。この差は、かなり大きいといえるでしょう。

 

また、公務員保育士はすべて正規雇用です。福利厚生はもちろん、退職金制度も地方公務員として、平均2,000万円前後の金額を受け取ることができます。

 

公務員保育士は安定性だけではなくやりがいのある職業!

 

このように、一般の保育士とくらべてみると、公務員保育士はかなり良い待遇となっていることが分かります。ただし、気をつけなければいけないのが人事異動があるという点です。その場合、異動先も児童福祉施設など、保育園になるとはかぎりません。

 

通勤距離や仕事内容を重視する人には、マッチしない可能性もあります。一方で、子供に関わる仕事を広く行いたい、人間関係を広げたいという人にとっては、より刺激的でチャレンジしがいのある職業となるでしょう。

 

全国の保育士求人なら >> ほいく広場 公式ページへ

首都圏の保育士求人なら >> マイナビ保育士 公式ページへ